太陽光発電を導入しようか悩んでいる人の日記

太陽光発電と売電には深い繋がりがあります。
そもそも売電とは、分かりやすく言うと電気を売ることを言います。
太陽光発電システムを導入すると、ほとんどの場合、
電気を売って収入を得ることができます。

 

つまり、太陽光発電システムを利用すると、
お得が増えるというわけです。
もちろん、すべての設置者が発電した電気を
お金として得られるわけではありません。

 

 

 

売電は、国や自治体などが定めた
“一定の間電力会社が買い取る制度”を言います。
一般的に2種類の売電方法があり、

 

 

  1. 全量買取制度
  2. 余剰電力買取制度

 

 

に、なります。
前者は、平成24年7月より実施され、
10kW以上の設置・1kW37.8円・買取期間20年となり、
後者は10kW未満の設置・1kW38円・買取期間10年になります。
また、売電のメリットは、家庭によっても異なります。

 

たとえば、昼間の電気使用量が少ない場合は、メリットが大きくなりますが、
昼間に電気を多く使用する場合は、メリットが小さくなってしまいます。

 

 

 

よって、太陽光発電の売電のメリットを増やすためには、
使用料を減らすことが大きなポイントになります。

 

太陽光発電売電

太陽光発電を設置したとき、
設置後のメンテナンスや故障したときの保証など、さまざまな話し合いがあります。

 

その中で気になるのが、「撤去費用」です。

 

太陽光発電システムを設置したは良いが、自分の家には不向きだった場合、
途中で使用をやめたいという方もいるでしょう。

 

この場合、やはり撤去を希望される方も少なくないと思います。

 

 

 

しかし気になるのが、“撤去費用”です。
一般的に、太陽光発電システムは、20年以上の耐用年数があります。

 

住宅の解体と同時に行うのが一般的ですが、
途中で設置を取り除く場合、
設置したときの費用と同額程度がかかると考えておきましょう。

 

撤去のとき、太陽光もジュースの足場を
組む必要があるかどうかによっても費用が異なりますが、
一般的には「20万円前後」になるケースが多いようです。

 

 

費用を断定することはできず、施行費用+処理費用を加えた額が、
太陽光発電システムを撤去するときの費用になります。

 

明確なことは、家の状況や太陽光発電システムによって異なりますので、
太陽光発電システムを設置するときは、入念に行いましょう。

 

太陽光 東京都

太陽光発電は、投資の対象になり、また今後も投資対象として伸びていくことが期待されています。

 

しかしなぜ、太陽光発電が投資として有利になるのでしょうか?

 

 

太陽光発電は、2013年度における固定価格買取制度の価格が、前年度よりも低下しています。

 

また、現在の太陽光発電授業の判断基準は、
初期費用を10年以下で回収しており、
さらに表利回りは10%以上という目安になっています。

 

事業の判断基準であてはめると、初期費用が3億7800万円以下である場合、
条件が満たされることになります。
(年間約100万kWhの発電量を見込め、売電収入は3780万円)

 

この規模で初期費用の平均価格を計算すると、2億8000万円。

 

毎年の税金や保守管理費などを差し引いても、
10%前後を確保することができるようになります。

 

 

また、税制優遇制度の面でも、
「グリーン投資減税」が2014年3月末まで延長されました。

 

さらに、銀行や信販会社なども
太陽光発電専用融資制度を提供しはじめています。

 

これにより、たとえ手元に資金がなかったとしても、
太陽光発電事業を行えるようになりました。

 

 

 

こういったことが、太陽光発電の投資に役立ち、
また投資対象として伸びていくことが期待されています。

 

太陽光発電売電

 

太陽光発電には、「補助金制度」というものがあります。
補助金制度とは、国や地方、自治体などから支給される補助金のことで、
太陽光発電を導入しやすいように補助してくれる制度です。
補助金は、住んでいる地域や自治体によって異なりますが、
住んでいる地域の自治体が補助金制度を取り扱っている場合、

 

  • 都道府県
  • 市町村

 

3つの自治体から受給できる可能性があります。
しかし、太陽光発電の補助金支給額は、
普及によって改定される場合もあり、

 

それが何年おきに改定されるかは決まっていません。
ですから、太陽光発電の設置を考えているのでしたら、早めに申請することをオススメします。

 

 

 

補助金制度の申請について。

 

 

  1. 申込書の提出
  2. 補助金申込受理決定通知書の受領
  3. 太陽光発電システム設置工事
  4. 電力需給開始
  5. 補助金交付申請書の提出
  6. 補助金交付決定通知書の受領

 

 

「補助金受領」になります。
書類の提出は、着工前・着工後の2回行います。

 

それぞれ期日が決まっていますから、
きちんと書類を提出するようにしましょう。
また、締めきりは各都道府県・市町村によって異なります。

 

心配になるのが、太陽光発電に雷は落ちないのか?という点です。
そして、落雷したときに、太陽光発電は雷の被害を受けてしまうのか、
という点が気になりますよね。
近年、日本でも落雷が増えており、いつどこで雷が落ちるか分かりません。

 

 

まず、雷にはいくつかの種類があるのがご存知ですか?

 

  1. 直撃雷
  2. 誘導雷
  3. 逆流雷

です。

 

雷撃によって発生したエネルギーは、
電源設備や通信回路に侵入し、機器・設備などを破壊していきます。
現在の設備の技術は優れていますが、
それでも損傷をすることはあるでしょう。
また、雷の被害が増えている現在、
太陽光発電に落雷したときの心配をされる方も少なくありません。

 

 

 

一言でいうと、太陽光発電の落雷の被害は、大きいと考えられます。
太陽光発電のシステムは、ほとんどの機器が屋外にあり、
ケーブルと繋がっています。
となると、当然落雷の危機に晒されているわけですから、
機器が破壊し、発電がストップしたり、
電力供給がストップするなどの二次被害が起こる危険性があります。

 

 

もちろん、被害拡大を防ぐことは可能です。

 

最近は、太陽光発電を落雷から守る製品も売っていますから、
検討してみてはいかがでしょうか?